ニットーコラム

建築建材展2015出展
d0126785_19113368.jpg


2015年3月3日~6日まで東京ビックサイトで開催された「建築建材展2015」に今年も出展いたしました。
ここ数年は毎年出展の機会がありますが、日頃お世話になっているお客様以外にもいろんな方とお話しする機会が得られ貴重な場となっています。

d0126785_19134946.jpg


今回は、3月から発売開始のアウトフロア20を床に敷きこみ展示しました。
他に、アウトフロアをデッキとして乾式施工できるタイルデッキシステムで施工しました。レベルだしは若干慣れが必要ですが、簡単にタイルデッキを作ることができます。

写真のガラスは、ノンスリップの強化ガラスの合わせになっているもので、デッキシステムの構造を見ていただくために使用しました。実際注文いただければガラスタイルを特注対応することも可能です。
特注となると費用がかかりますが、今までにない発想の空間が可能かもしれません。

アウトフロアですが、特徴は20㎜の厚みです。戸建住宅の駐車場でも問題ありません。イタリア最新のインクジェット技術によるリアルな表情と耐久性で住宅を一層引き立てると思います。

d0126785_1917556.jpg


デッキシステムは今後発売を予定しているものですが、非常にみなさんの関心も高かったです。このシステムはバルコニー(風の廻り込みがないことが条件)や建築の屋上等で使えるものです。実際固定方法は置くだけでタイルとシステムが連結されていないため、強風や突風の恐れや、側面が外部に露出し、その風で巻き上がるような場所では使えません。

一方戸建住宅のテラスで土間コンを打ったうえに乾式施工であれば非常に施工効率も高く有効かと思います。実際ご来場のお客様に歩いていただきましたが、大丈夫でした。実際荷重もタイル1枚で700kg以上の荷重に耐えられますので通常使用であれば問題ありません。

d0126785_1921095.jpg


こちらは木目調タイル「リストンディー」です。モダンなブルカーノ色を張りました。リアルな質感なのでご覧いただいた方もタイルであるというと驚かれてました。

d0126785_1922422.jpg


リストンディーとセットでご使用いただくケースも増えてきた「テラスグレーチング」です。テラスグレーチングは住宅のタイルデッキ建築時に、基礎の床下換気を塞がず、室内からフラットにタイルデッキまでつなぐ商品です。メンテナンスフリーのタイルデッキと、バリアフリーで部屋を広く使うことができます。

4日間を通して、多数のご来場大変ありがとうございました。

住宅や街並みをさらに良くする商品をご提案していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
# by nitto_web | 2015-03-20 19:26
CERSAIE2014
d0126785_1931894.jpg


例年恒例となったイタリアの世界最大のタイルの展示会、CERSAIE2014に
行ってきました。改めて、どんなスケールかと申しますと、東京ドームのおよそ
3.6倍です。

d0126785_208364.jpg


世界中からこの見本市を目指して買い付けに来られます。
一日ではとても見きれないボリュームです。

d0126785_2012187.jpg


これは驚きのなんとルパン三世のタイルです。
いわゆる絵タイルというプリントタイルですが、ジャパニーズアニメはイタリアでも
人気でした。

d0126785_20211158.jpg


こちらはフランスのメーカーのブースですが、単なるディスプレイとは思えない
レベルです。このあたりがヨーロッパのデザイン性の高さを感じます。

d0126785_20221984.jpg


これは海岸のライフシーンをイメージして作られたコラボ展示ゾーンです。
数十社のコラボですが、完成度が高くわくわくする作りです。

ヨーロッパの展示会は商品もさることながら、こうした展示のデザインや組み合わせ
も勉強になります。
[PR]
# by nitto_web | 2014-10-20 20:25 | デザイン
個人邸現場
d0126785_19263593.jpg


岐阜県内の個人邸にてディーストーンをご採用いただきました。
施工店様の技術もあり、トータルバランスもすばらしいまとまりと、奥行き感の演出
されたアプローチを歩くのが楽しくなる空間となりました。

ご使用いただいたのはディーストーンDS-6030-3(グラファイト)となります。
ブラックですが、表情があるので高級な天然石のイメージです。

d0126785_19285182.jpg


お施主様のお話ですが、あまりの完成度の高さに近所の方が住宅展示場かと
勘違いして来られるほどだそうです。

エクステリアをきちっと作りこめば、建物の価値や空間的な広がりがぐっと高まり
すばらしい住宅となるいい事例です。

施工店様感謝申し上げます。
[PR]
# by nitto_web | 2014-10-20 19:30 | 完成現場
EXE2014出展
d0126785_13211636.jpg


今年も開催されたエクステリアの大イベント「EXE2014」。
弊社はコラボレックスに参加し、共同小間にて出展いたしました。
場所は東京ビックサイト、会期は平成26年4月11日(金)、12日(土)の二日間です。

d0126785_13221996.jpg


コラボレックスでは一業種一社という枠のもといろんな部材メーカーが集まって
よりよいエクステリアを創造しようと勉強しています。
今回は一社でも多くの会員企業を知っていただこうとクイズラリーを企画いたしました。

d0126785_13245100.jpg


ご用意した景品は400名分でしたが予想を超える来場者で二日目の会期終了前に
終了するほどでした。ご参加いただいた皆様ありがとうございます。

d0126785_1325233.jpg


ロートアイアンのナルディックさん、オーニングのタカノさん、木製品のHU丸八さんの
ブースです。見応えがあります。

d0126785_13271955.jpg


石のTAKAOさん、土舗装、砂利のソーセキさんのブースです。
毎年新しい空間提案があって楽しいです。

d0126785_132863.jpg


照明のオーデリックさん、木製物置のジェンテックスさん、弊社ニットーのブースです。
それぞれ全く違う商品が並び新しい発見がありそうです。

d0126785_13291248.jpg


メンバー内コラボ商品であるnidoさんのオリジナルエクステリア照明です。
とっても素敵です。

d0126785_13321572.jpg


ジェンテックスさんは自転車ラックを組み合わせた新商品の提案です。
独特のシステムには驚きです。

d0126785_1330168.jpg


ガラスのグラスヒュッテ・オダさんです。
透明感と変化のあるディテールがガラス表札の魅力です。

d0126785_13303643.jpg


水景のグローベンさん。人工竹垣で有名ですが、水の分野でもすばらしい提案商品
を持っています。

d0126785_1331382.jpg


池のシステム展示。かなり大がかりです。
金魚も泳いでいて子供さんにも人気です。

d0126785_13332765.jpg


弊社は木調セラミックタイル「リストンディー」とテラスグレーチングの展示です。
やはり現物を直接見ていただけることは非常によかったです。

d0126785_1335677.jpg


好評のテラスグレーチングですが、幅のタイプ、カラーなど複数のタイプがあるので
やはり現物を手に見ていただけることが大切です。
ご要望に応じてサンプル貸出等もさせていただいております。

d0126785_13363162.jpg


今回のコラボレックスとしては一番の集客のロートアイアンのナルディックさんの
ブースです。写真は会期中に打って作ったアートです。

d0126785_13372974.jpg


ひときわ目立つ人だかりが終始できていました。
やはり物づくりの現場を見ていただくことが非常に大切だと感じました。
物ができるまでのストーリーを感じていただけることは、末永く大切に使っていただく
ためにも重要だと思います。

来年もまたコラボレックスの活動も楽しみにしてください。
[PR]
# by nitto_web | 2014-04-30 13:40 | デザイン
上海展示会視察
d0126785_959137.jpg


毎年上海で開催されるタイルの展示会視察のため中国へ。
上海の空の玄関、浦東(ブートン)国際空港です。

d0126785_1004211.jpg


空港の巨大建築も国によって見てみるとおもしろいです。

d0126785_1012265.jpg


浦東国際空港はターミナルが2つのあるので国際線も航空会社によってどちらに
着くか、待ち合わせる場合は確認が必要です。

d0126785_1023731.jpg


上海エキスポセンター。大きな展示会場です。

d0126785_1031333.jpg


イタリアメーカーからの出店は数社のみでしたが、世界的タイルメーカーである
マラッツィはブランドも商品もさすがのひとことです。

d0126785_1041850.jpg


イタリア人建築家ジオ・ポンティとのコラボタイル。
デザインとの密接なつながりを感じます。

d0126785_1053160.jpg


上海の展示会はタイルや衛生陶器、インテリアですが数年前に来た時と比べると
大幅に展示が減っているようでした。同時に開催されている食の展示会はものすごい
人で賑わっていました。

d0126785_1065985.jpg


モザイクタイル。
こうした表現はモザイクタイルならではです。

d0126785_1072921.jpg


展示棟の数の多さはビックサイトの10倍くらいのイメージです。
すべて歩きましたが、歩いた距離はどれくらいいったでしょうか。

d0126785_1084423.jpg


階段メーカーのディスプレイ。
こうした住宅が実際にあるということ自体、国柄を感じます。

d0126785_1092261.jpg


中国の建築作品を紹介するコーナー。
上海は都市化が進んでいるので日本でいうと、東京のようなイメージです。
店舗デザインも実際の食事も東京と何ら変わらず、ハイセンスです。

d0126785_10102690.jpg


設計の自由度とか、受け入れるキャパが日本よりあるので、斬新なデザインも
多い気がします。これは都市の活力ともいえます。

d0126785_1011126.jpg


時間的な余裕があればこうした上海の現代建築を見て回りたいところです。
場所は調べましたが、それなりの時間を作らないと回れそうもないです。

d0126785_10121514.jpg


上海のホテル展示。ホテルを運営する企業がモデル出展しています。
ホテル企業ごとにコンセプトやデザインも異なり見応えがありました。

d0126785_1013211.jpg


ホテルの窓越しの夜景の演出がすばらしい。

d0126785_10135270.jpg


室内置きの書棚兼書斎。
発想がおもしろいです。

こうしてみてみると中国はデザインも許容するキャパもあり、建築も華やいでいます。
日本もかつてポストモダン建築の時代に斬新な建築もいくつもできましたが、
中国建築はまだまだ隆盛を極めそうな印象でした。
[PR]
# by nitto_web | 2014-04-05 09:57 | デザイン


株式会社ニットーのコラム
by nitto_web
カテゴリ
全体
環境
景観
街づくり
素材
デザイン
完成現場
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 06月
2015年 03月
2014年 10月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

↑PAGE TOP